ご挨拶

あなたの悩みを解決するため、とことんお話をお聞きします!
何でもお気軽にお問い合わせください。日本一の外壁塗装を目指します!

ブログ始めてみました。
■塗装徒然草■
まだ始めたばかりですが・・・。

職人紹介

大工出身の山田です。
職人気質で、仕事にかけるプライドは誰にも負けません!

厳しい品質管理を徹底します。全力でやるから、嘘や手抜きは絶対しません!

お問い合わせはお気軽に!

外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り修理、お住まいのリフォームなど、何でもお気軽にご相談ください!

株式会社
関西ホームライフ

0120-861-851

リフォーム料金のお支払いのためのクレジットカードの取り扱いが始まりました!
取り扱いクレジットカードVISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS

施工エリア:
大阪市内・大阪府下

大阪市淀川区
西三国1丁目21-43
サンマンション1階

大きな地図で見る

URL www.kansaihomelife.com
mail info@kansaihomelife.com

TEL 06-6392-6789
FAX 06-6392-6791

★結露編:結露を減らそう★

天井などにシミが出来る場合もあるため、雨漏りと勘違いされやすい『結露』。
結露も放っておくと雨漏りと同様、カビを発生させてしまいます。
今回は、そんな『結露』の原因や対策をご紹介します。

◆結露はなぜ起こる?◆
多くの水蒸気を含んだ暖かい空気が、冷たい壁や窓に触れ、
水滴になる現象です。
寒い日に暖房を入れた部屋の窓に付く水滴や、
冷たい飲み物を入れたコップの外側に付く水滴なども結露です。
結露は目に見えない壁の中や天井裏で起こり、
シミとなって現れることもあります。
このように発生する場所によっては、
雨漏りと間違えられそうですね。

◆雨漏りと結露の特徴の違い◆
●雨漏り⇒1年中(特に雨が多い梅雨の時期など)続き、特に黒ずんでいない
●結露⇒冬の間だけ続き、黒ずんで(黒カビ)見える傾向がある
※あくまでも可能性なので、参考程度に考えてください。

◆結露を防ぐためには?~お手軽編~◆
●自然換気●
ドアや窓を開け、室内外の温度差や気圧、風の力を利用して換気を行う方法です。
換気を行うことで室内の温度が下がり、結露の発生を少なくすることができます。
特に暖房を使っている夜間の換気は重要です。

●24時間換気●
新築住宅には設置が義務付けられている24時間換気システム。
24時間、機械制御で給排気を行うことで、
室内の空気をきれいに保つことを目的にしています。
住宅の場合、2時間で部屋の空気が
全て入れ替わるように換気量を設定してあります。

●換気扇をまわす●
換気扇を使って換気をすることで、
室内の湿気の高い空気を排出し、
寒い部屋側から乾いた空気を取り入れます。
※注意※
温度の低い部屋側で換気をすると、
暖かい空気が流れ込み、逆に結露の原因になってしまうので気を付けてください。
水蒸気が多く発生し、他の部屋よりも暖かい
キッチン・浴室などの換気扇をまわし続けると効果的です。

●暖房機器の向きに注意●
暖かい空気は上の方にたまりやすいという性質をもっています。
暖房機器を使用する時は、床から暖めると◎
エアコンなど、向きを調整できるものは、ぜひ参考にしてください。

●室内の温度管理●
暖房機器の設定温度に気を付けてください。
温度を上げすぎないように、扇風機で部屋全体の空気が
一定になるようにするのも◎省エネにもなります。

●室内の湿度管理●
湿度を上げないために、
できるだけ室内に洗濯物を干さない
必要以上に加湿器を常用しないようにしましょう。

◆結露を防ぐためには?~工夫編~◆
●家具の配置●
空気が循環するように家具を配置するのも重要な対策です。
・押入れ内に、無理に荷物を押し込まないようにしましょう。
スノコを敷いたり、フスマを時々開けて押入れ内に空気を通してあげましょう。
・クローゼットも詰め込みすぎないように、収納品を減らしましょう。
・各部屋のドア・障子を時々開けて、部屋ごとの温度差をなくすようにしましょう。
・カーテンの断熱効果によって、カーテンと窓の間は結露が発生しやすい状態になっています。
使っていない部屋のカーテンも時々開けるようにしましょう
・結露しやすい外壁側に家具を置くのは、なるべく避けましょう。
・家具は壁にピッタリとくっつけるのではなく、
最低でも5cmは離しておきましょう。
特に壁にくっつけがちなタンスや棚の裏も空間をあけておくのがベストです。
・室内に干した洗濯物は水蒸気の発生源です。
浴室乾燥機や洗濯乾燥機を使うのがオススメです。

●趣味の配置●
・観葉植物は水をあげるので、
実は水蒸気の発生源の一つです。
・鑑賞用の魚の水槽も同じことがいえます。

◆結露を防ぐためには?~商品編~◆
●除湿剤(湿気とり)●<百円ショップでも購入可>
入れ物に水が溜まるタイプ、筒の形をしていてゼリー状に固まるタイプ、
フックで上から吊るすタイプなど様々なので、場所によって使い分けることができます。

●結露吸水テープ●<百円ショップでも購入可>
窓ガラスの下部に貼り付けて、
滴り落ちる結露の水を吸い取ります。
シンプルなものもありますが、冬に合った雪や動物などの
吸水テープもあるので、窓のデコレーション代わりにもなり、
人気上昇中です。
※注意※
結露の吸水・乾燥を繰り返すので、
長期間貼り続けていると剝がしにくく、
シール跡が残る場合がありますので、
たまに貼り換える方が良さそうです。

●断熱テープ●
結露吸水テープと合わせて使いたいのが、サッシ枠に貼る断熱テープです。
吸水効果はありませんが、サッシ枠の結露の発生を抑えてくれます。
サッシ枠の熱の伝わりを小さくするので、冷暖房の効果を高めてくれます。

●結露防止シート・断熱シート●<百円ショップでも購入可>
熱収縮性のフィルムをガラス全体に貼り付けることで二重構造を作ります。
断熱効果により、窓際と室温の温度差を少なくして結露を防止します。
水で貼り付けるものもあります。

●結露取りワイパー(水滴ワイパー)●<百円ショップでも購入可>
発生してしまった結露を取り除くための商品です。
窓の下から上に向かって滑らせると、
柄の部分のタンクに水がたまるようになっています。
ワイパーの部分だけ売っていて、
ペットボトルに取り付けるタイプもあります。

●結露防止スプレー●
窓ガラスに直接スプレーして拭くだけで、
ガラスに被膜を作り、結露による水垂れ・くもりを防止します。
汚れを付きにくくする効果もあります。

●断熱ウェットクロス●
特殊加工されたクロスで窓ガラスの室内側を拭くことで、ガラスから逃げる熱を抑えることができます。
その断熱効果により、結露の発生を抑制します。

●除湿機●
湿度を調整してくれる機械です。
窓ガラスの結露を拭き取り、
しばらく除湿機をつけておくと部屋全体がサラリとします。
一万円程度~数万円と幅広く売られています。
種類がたくさんあり、エアコンのように
使用する広さや部屋の湿気具合によって
購入する機械を選ぶことができるのもメリットです。

●暖房器具●
石油ストーブやファンヒーターなどの燃焼タイプの暖房器具は、
燃焼中に燃料中の水蒸気を放出させています。
エアコンや床暖房、オイルヒーターなどの非燃焼タイプの暖房器具を使用するのもオススメです。

●結露防止ヒーター●
窓際を暖めて、室温との温度差を少なくして結露を防止する機械です。
長さにもよりますが、ヒーター自体は一万円前後~販売されています。
電気代は、サイズや製品にもよりますが24時間で数十円ぐらいの物が多いです。

◆結露を防ぐためには?~自宅の物で対策編~◆
●雑巾・タオル●
雑巾・タオルで結露を拭き取りつつ、窓掃除してしまいましょう。

●新聞紙・バケツ●
➀窓ガラスやサッシに新聞紙を貼り付けて、
結露の水を吸収させましょう。
➁その水分を含んだまま、新聞紙をボールのように丸めましょう。
(ボトボトになったときは、少し絞ってから丸めましょう)
➂ボールのように丸めた新聞紙で窓をこすり、汚れを落としましょう。
⓸汚れが落ちたら、濡れていない新聞紙を丸めて
拭き上げていきましょう。
新聞紙のインク油の成分がワックス代わりになり、
ツヤ出し効果やガラスの撥水性が良くなるのでオススメです。
ただし、インクで手が黒くなってしまうので、ゴム手袋などを使った方が良さそうです。

【ポイント】
晴れた日に掃除をすると、すぐ乾き、拭いた跡が残りやすいので、
曇りの日が一番適しています。

●食器用洗剤・バケツ・計量カップ・雑巾(少なくても)3枚●
結露対策に特にオススメなのが、
ほとんどの家庭にある「食器用洗剤」を使った方法です。

➀水1リットルに、食器用洗剤を
50ミリリットル~100ミリリットル程度入れます。
※結露の量が多い窓には、水で薄めずに
原液をそのまま使っても大丈夫だそうです。
➁窓の水滴を拭き取ります。
★ここでしっかりと拭き取っておかないと、
効果が半減してしまいます。
➂雑巾(➁とは別のもの)を➀につけます。
★水と洗剤がしっかり混ざるように、雑巾や手で泡立てるようにかき混ぜてください。
⓸雑巾を絞って、窓を拭いていきます。
★アルミ製の窓枠の場合は、その枠にも結露が出るので忘れずに拭きましょう。
(原液をぬる場合は薄くのばしましょう。)
⓹乾いた雑巾で泡をキレイに拭き取れば完成です。
【ポイント】
普段の結露の量にもよりますが、一度塗っておくと約5日~1週間、効果が持続します。

◆結露を防ぐためには?~リフォーム編~◆

●ペアガラス(複層ガラス)●
断熱効果が高いので、通常のガラスに比べ、
結露防止に効果があります。

●二重サッシ●
サッシの室内側に、もう一枚サッシを取り付ける方法で、
寒冷地によく見られます。
断熱性が向上し、結露防止に。防音効果もあります。

●調湿建材●
調湿建材とは、湿気の多い時は湿気を吸収し、少ない時は湿気を放出するといった
湿度を調整する機能を備えた建材の事です。
調湿壁材などがあります。
湿気を調節することで、結露防止の効果が期待できます。

●断熱工事●
家自体の断熱性を高めようというもので、
充填断熱、外張り断熱、内断熱、外断熱などがあります。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

★外壁編:色々な外壁材★

外壁材には色々な種類があり、メリット・デメリット・劣化の仕方が異なります。
ぜひ参考にして頂ければと思います。(※あくまでも代表的な例です)

◆サイディング◆
サイディングは板状の外装材を貼り付けた外壁で、近年で主流になっているものです。
サイディング外壁は、目地を埋めるシーリング(板と板の間のゴムの部分)があります。
このシーリングの部分は年月によって劣化しやすいため、サイディングを塗装する際は、
シーリングも一緒に交換すると良いでしょう。
このサイディングの素材には、セメントやアルミ、スチールなどがあり、
同じサイディングでもタイプが異なります。

●窯業(ようぎょう)系サイディング●
セメントと繊維質や無機物を混ぜて板状に成形し、養生・硬化させた外壁材です。
現在では7~8割の住宅が、この窯業系サイディングを使用していると言われています。

メリット
・デザインが豊富。様々な色、柄(レンガ調、石積み調、木目調など)があります。
・地震に強い。重量が軽い為、地震の時に建物への負担を軽減。
 金具工法だと地震の時に力が外壁に伝わりにくく、ひび割れや脱落を防止します。
 目地を埋めるシーリングが外壁の揺れを緩和するクッションの役目をもっています。
・防耐火性に優れている。防火外壁材ともいわれ、きちんと試験が行われています。
・工場で大量生産されているものが多く、安価
・その他、耐風性・断熱性・防音性などに優れていて、コストパフォーマンスは優秀。

デメリット
・ボードに塗装が施してあり、経年劣化により防水機能が切れてしまうので、定期的な塗装が必要。
 また、シーリング材の打ち替えも必要。

劣化現象
チョーキング、シーリングのひび割れ、ボードの反り、色あせ、藻、カビ

●金属系サイディング●
金属板と断熱材によって構成された外壁材です。

メリット
・(窯業系に比べて)メンテナンスの必要が少ない
・芯に断熱材が入っている場合が多いため、断熱性が高い
・水分を吸収しない鋼板製の表面のため、防水性・耐凍害性に優れています。寒冷地で使われることも多いです。
・シンプルでスタイリッシュな外観を表現できる。
・軽量のため、建築物の構造にかかる荷重が少なく、
 地震などの揺れによる振り幅を抑えてくれる為、地震に強い。
・ひび割れや脱落がしにくく、建物の歪みに柔軟。

デメリット
・表面が薄い素材のため、少しの衝撃でへこんだり、傷が付きやすい。
・サビが発生する可能性がある
 特に海辺の近くでは塩害の被害を受けやすい。
・塗装に高い技術が必要
 既存の壁を解体しない重ね張り工法などもあります。

劣化現象
サビ、チョーキング、浮き、剥がれ

●木質系サイディング(ウッドサイディング)●
天然の木に塗装をして仕上げたサイディングです。
表面処理を施して防火性や耐久性を向上させたものもあります。

メリット
・本物の木にしか出せない温かみがある。
・木目がデザインになるので、1つ1つ違ったデザインになる。
・熱を吸収しにくく表面温度が上がりにくいので、断熱性に優れている。

デメリット
・水分に弱く、水が貯まったまま乾燥しない日が続くと腐りやすくなる。
・表面塗料が厚くなると見栄えが悪くなる。
・こまめなメンテナンスが必要。
・質の高さに比例してコストも上がる。
・取扱店が少ない。

劣化現象
チョーキング、色あせ、藻、カビ、腐朽(ふきゅう)

●樹脂系サイディング●
主原料に塩化ビニル樹脂を使用していて、アメリカでは50%近いシェアを誇る素材です。

メリット
・シーリングを使わないため、シーリングの張替えが不要。
・耐久性、耐塩害性、耐凍害性に優れていて、酸性雨による劣化が起こりにくい。
・軽量なので、今ある壁の上から取り付けることも可能です。

デメリット
・バリエーションがまだまだ少なく、見た目が少し安っぽく見える。
・紫外線によって劣化しやすく、遮音性が低い。
・防火性の面で他に劣る。
・取扱店やメーカー、施工に慣れた技術者が少ない。

◆モルタル◆
1980年代までの日本の一般住宅の外壁に多く使われていました。
ラスという針金の網などの上に、水・砂・セメントを混ぜた物を
左官コテで塗りつけた外壁材です。
模様のつくり方によって4種類に分かれ、名前や性能が異なります。

●ジョリパット●
モルタル外壁の上に施工するフランス生まれの塗装素材です。
塗料と砂を混合して作られるので、表面がザラザラになります。

メリット
・安価で、耐候性や防汚性に優れていて、色あせしにくい。
・カラーバリエーションや仕上げ方法(コテやローラー、吹き付けなど)が豊富。
・モルタルの弱点のヒビ割れが少ない。

デメリット
・デザインした部分に汚れがたまりやすい。
・職人によって仕上がりが異なる。

劣化現象
チョーキング、塗膜の剥離、ヒビ割れ、色あせ、藻、カビ

●吹き付けタイル●
異なる種類の塗料で3層にして1~5ミリ程度の厚さで吹き付ける複層仕上げです。
表面はデコボコですが、ツルツルしています。
弾性タイプといって、モルタルの弱点のヒビ割れが起こりにくいものもあります。

劣化現象
チョーキング、塗膜の剥離、ヒビ割れ、藻、カビ

●リシン●
薄付け仕上げ塗材と呼ばれる仕上げの方法です。
塗料と一緒に砂粒を混ぜて吹き付けるため、
見た目は、表面に細かい砂粒がありザラザラしていて、艶もありません。

メリット
・価格が手軽。
・透湿性・通気性に優れている。
・艶を抑えた高級感のある仕上がりになる。

デメリット
・耐久性がそんなに高くない。
・下地となるモルタルの収縮に対応できないので、ヒビ割れが起こりやすい。
・表面のザラザラに汚れがたまりやすい。

劣化現象
チョーキング、塗膜の剥離、ヒビ割れ、色あせ、藻、カビ

●スタッコ●
厚付け仕上げ塗材と呼ばれる仕上げの方法です。
リシンを厚くしたもので、5~10ミリ程度の厚さで吹き付けます。
リシンと同じ素材なので、こちらも表面がデコボコでザラザラしています。

メリット
・石材のように見え、重量感や高級感が出る。
・弾性スタッコはモルタルの弱点であるヒビ割れを起こりにくくするものもあります。

デメリット
・リシンや吹き付けタイルに比べ、約3倍の塗料を使用するので、
 塗り替えの時の料金や時間がかかります。
・ざらざらした質感なので、汚れが付きやすい。

劣化現象
チョーキング、塗膜の剥離、ヒビ割れ、色あせ、藻、カビ

◆ALC(軽量気泡コンクリート)◆
珪石、セメント、生石灰を原料とした特殊コンクリートの一種で、
中には鉄筋とともに気泡が入っているため、
通常のコンクリートよりも軽く(およそ4分の1)機能性に優れているのが特徴です。

メリット
・耐久性、断熱性、遮音性、防火性に優れている。
・シックハウス症候群の原因となる有害な化学物質やアスベストを含んでいないため
 人体に無害で、リサイクルが可能な環境に考慮した建築資材。

デメリット
・機能性に優れている分、コストがかかってしまう。
・水に弱く、塗装が剥がれてしまうと劣化する恐れがあるので、
 早めのメンテナンスが必要。
・シーリングの補修が必要。

劣化現象
ヒビ割れ、色あせ、チョーキング、塗膜の剥離、藻、カビ

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

★外壁編:機能性塗料とは?★


外壁塗料の基本的な役割は、
外壁そのものの保護や外観を美しく見せる事です。

それとは別に
特別な効果が付け加えられた塗料を
「機能性塗料」といいます。
塗料によって様々な機能があるので、ご紹介します。

◆遮熱塗料◆
 太陽の近赤外線を反射する働きをもちます。
 製品によっては、屋根の表面温度上昇を最大10~15℃も抑制することが
 可能ともいわれています。

◆断熱塗料◆
 熱自体を伝えにくくする働きをもちます。
 夏場は太陽光の熱が屋内に伝わるのを防ぎ、
 冬場は室内の熱が外へ逃げるのを防いでくれます。
 夏は涼しく・冬は暖かくといった、いいとこ取りの商品です。

◆防藻・防カビ塗料◆
 藻やカビは、それ自体が湿気を多く含んでおり、
 外装材を傷める原因になりやすいです。
 特に藻やカビが生えやすい、日当たりの悪い立地にオススメです。

◆低汚染型塗料◆
 排気ガスや酸性雨などで汚れやすい外壁ですが、そんな汚れを防いでくれる塗料です。
 塗膜の表層に特殊なコーティングをし、
 塗膜の密度を高くして汚れが付着しにくくします。
 親水性のある塗料を使うことで、塗膜面に雨水が膜を形成してくれるので、
 汚れは塗膜の表面にふわっと付着する程度です。
 この汚れは雨が降った際に雨水が洗い流してくれる仕組みになっています。
 汚れが塗膜に付着しにくいという事は、外壁の劣化を抑えることにも繋がります。
 「汚れになっていた雨水で汚れを落とす」掃除の時間や節水にもなりますね。

◆光触媒塗料◆
 小さいお子様や高齢者が住んでいる家など、
 特に環境を考えたいという方にオススメなのが、光触媒塗料です。
 光を照射することで、有機物を分解し、カビや排気ガスによる汚染を防止。
 ホルムアルデヒドなどの有機物質を削減します。
 ※建物の構造やどの方角を向いて建てられているかで、
  効果が左右されてしまうという弱点があります。


このように塗料によって、
様々な機能があります。
最近では、遮熱と断熱など、
複数の機能を併せ持った製品も多数開発されているので、
新商品にも注目が集まっています。

外壁塗装を計画される時は
「寒すぎる」「藻が生えやすい」など、
ご自宅の悩みに合わせて塗料を選んでみてくださいね。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

★外壁編:経年劣化とは?★


時間が経過するにつれて、建物は少しずつ劣化していきます。
経年劣化の症状の大まかな流れと対策をご紹介します

➀外壁塗装すぐ
艶があり綺麗な状態
⇒もちろん、何もする必要がないです。
↓  ↓  ↓
➁表面の艶がなくなる
艶があるタイプの塗料を塗った外壁は劣化によって、
少しずつ艶がなくなってきます。
⇒この状態で外壁塗装を行うと、外壁と建物が劣化の影響を受けることがほとんどありません。
↓  ↓  ↓
➂大気汚染による汚れ
大気汚染によりゴミやホコリ等が外壁に付着します。
それが、外壁表面の塗膜を侵してしまう原因になります。
⇒外壁をキレイに洗浄した後、塗装を行うと機能が復活します。
↓  ↓  ↓
⓸チョーキング
外壁の表面の初期の劣化状態です。
⇒表面の細かい粉をすべて落とし、再塗装をしないと劣化が進みます。
↓  ↓  ↓
⓹シーリングの劣化
建材と建材の間にあるゴムの部分が劣化して剥がれたり、割れたりしている状態です。
その場所から雨が入り込む可能性があるので、注意が必要です。
⇒古いシーリング材を撤去して、新たにシーリング材を再施工します。
↓  ↓  ↓
⓺外壁材のひび割れ(クラック)
ひび割れの程度にもよりますが、少し厚めの紙が入る幅になると
建物に影響を与えている可能性が高いです。
⇒ひび割れ部分をシーリング材で埋めてから、仕上げを行ったりします。

では、この症状や原因を一つ一つ説明していきます。

◆➁表面の艶がなくなる◆

●雨風●
外壁表面は、酸性雨にさらされ続けるとどんどんダメージが
蓄積されます。
酸性雨が塗料自体を分解させてしまうので、防水効果も
なくなってしまいます。
その防水効果がなくなった外壁に風の影響も合わさり、
より劣化が激しくなってしまいます。
特に台風などの強風などがあたると劣化速度を
早めてしまう原因になります。

●紫外線●
紫外線には色の分子を分解する作用があるので、日向の部分は特に色褪せなどの劣化が現れやすいです。

◆➂大気汚染による汚れ◆

●カビやコケの繁殖●
経年劣化の症状でもありますが、陽の当たらない家の陰や
北側で多く見られます。
湿気や結露が多い場所でも発生しやすいです。
長期間付着していると、表面の水をはじく性能が発揮できなくなり、
どんどん繁殖します。

●ススのような黒い汚れやホコリ●
水まわりや排気筒、車の排気ガスが当たる場所は、
ススのような黒い汚れが外壁に付着しやすいものです。
ある程度は、雨で流れ落ちますが、雨が当たりにくい場所は掃除が必要です。

●雨水による水あか●
雨水がよく伝う部分に集中してあらわれる場合が多いです。
外壁の汚れが雨水に溶け込みながら外壁を伝っていく場合は、
水あかだけではなく、その汚れも付着する場合があります。

↓経年劣化以外にもこのような症状があります↓

●油汚れ●
換気扇の吹き出し口から出る油が原因です。
油汚れはとてもがんこなので、定期的に清掃することをお勧めします。

●外壁塗装の膨れやはがれ●

塗膜がプクッと膨れたり、剥がれたりしている場合は、
外的刺激から外壁を守ることができない状態です。
範囲がどんどん広がっていき、簡単に雨水が内部に
入ってきて、近いうちに雨漏りが始まる可能性が高いです。
経年劣化が原因の場合もありますが、「内部の水分が
急激な温度上昇で水蒸気に変わり塗膜を内側から押し上げた事・
元々塗料が付きにくい壁・施工不良」だったりと
色々な原因が考えられます。
中には、原因不明のものもあります。
⇒早急に専門業者をよび、不具合部分を綺麗にはがし塗装しなおすことです。

◆⓸チョーキング現象◆

外壁を触った時に、手に白い粉のようなものが付く現象のことを
いいます。
これは外壁が様々な影響を受け、表面にある塗膜が劣化し、
塗料の中に含まれている顔料が粉状になっている状態のことです。
塗膜がきちんと機能せず、防水性が悪くなったり、
壁の保護機能がなくなっている証拠です。
チョーキング現象が現れたら、塗装を検討する良い時期です。
このまま放置しておくと、雨漏りの原因にもなり得るので早めの対策が必要です。

◆⓹シーリングの劣化◆
こちらは「外壁編:外壁塗装とは?」にある
「シーリング(コーキング)とは?」をご参照ください。

◆⓺外壁材のひび割れ(クラック)◆
【方向】

●横方向●
雨の流れをせき止めてしまうので、
内部に雨水が染み込みやすくなり、
下地を腐食させる場合もあります。
染み込んだ雨水が乾燥する時に膨張し、
クラックを拡げる可能性があります。

●縦方向●
横方向に比べると内部までは
入り込みにくくなります。
ですが窓の下に発生したクラックは、
窓が受けた雨水が流れ込みやすくなるので注意が必要です。

【種類】

●ヘアークラック●
髪の毛のように細いため
(目安は約0.3ミリ)こう呼ばれています。
外壁の表面の塗料が経年劣化で硬化し、
ひび割れを起こしている状態です。
放置すると徐々に水分が入り込み、
建物内部に損害を与える可能性もあります。

●乾燥クラック●
外壁材(モルタルなど)が乾燥する過程で
起きる収縮が原因で、できるクラックです。
放置すると隙間からダメージを受ける
可能性があります。

●縁切れクラック●
外壁材(モルタルなど)を使用する時は、
一度に一面を仕上げるのが基本ですが、
途中で作業を中止したり、
部分的にやり直したりすると境目ができ、
それが劣化してひび割れ、縁切れクラックとなります。

●構造クラック●(要注意のクラックです!)
建物の構造的な欠陥や地震の揺れ・地盤沈下などが原因で、建物の壁や基礎部分に生じるひび割れの一種です。
放置すると基礎部分の強度が低下、雨漏りや腐食、外壁がごっそりと剥がれてしまうこともあるので、早急な修繕が必要です。

◆外壁状態のチェックする為のポイントは?◆

●天気の良い日にチェック
太陽が当たらずに暗い場所もあるので、
できるだけ周りが明るい状態で行うと、
きちんと外壁状態をチェックすることができます。
●クラックは窓やフードまわり等を特にチェック
●カビやコケは塀や木の影の部分を特にチェック
(特に北側や風通しの少ない場所に多いです)

これを注意しながら、2~3か月に1回は建物をチェックしてみてください。
クラックやひどい汚れを発見した際は、すぐに対応して頂くと、
ご自宅への影響も最小限にとどめられ、費用面でも少なく済むことが多いです。

◆外壁汚れの落とし方◆
外壁状態をチェックした後は、できる範囲で汚れを落としてみるのもお勧めです。

●簡単な汚れには・・・●
柔らかめのスポンジに水を含ませて
優しく外壁をこすってください。

●少し頑固な油汚れには・・・●
食器用洗剤(中性洗剤など)を使うのが◎
外壁専門の中性洗剤も販売されているので、
それを使うのもお勧めです。
洗剤をお湯に溶かして汚れに吹き付け、
スポンジで軽くこすりながら汚れを落としてみてください。
※スポンジでこする場合は、外壁を傷つけないように優しくこすってください。

●楽をしたい方には・・・●

高圧洗浄機がおススメです。
水圧やホースの長さ、付属品の数の違いで
価格が変わってきますが、
安いものでは、だいたい1万円前後からあります。
外壁以外にも自動車・自転車・網戸・お風呂など、
色々な所に使えるので便利です。
高圧洗浄機の中身は水なので、色んな外壁に対応可能です。
強い水の力で汚れを弾き飛ばすため、汚れの種類に関わらず
ある程度の汚れは、きれいに落とすことができます。
※注意※
高圧ゆえにシーリング材を削ってしまったり、
通気口に水が入り建物内に湿気がこもって構造材などを痛めてしまう可能性があります。
そうなると補修工事のお金の方が高くなるのでご注意ください。
水圧調整ができるものは、弱めで試してから、あくまで自己責任で使用してください。
また、作業する時は水が跳ね返るので、レインスーツにゴーグルなど対策をした服装で臨んでください。

●時間がない方・自分で落ちない汚れがある時は・・・●
専門業者にお任せを。
水による
高圧洗浄の相場は、¥200~300/㎡ぐらいが目安です。
※ポイント※
専門業者には、高圧洗浄以外に『バイオ高圧洗浄』という方法があります。
バイオ洗浄液で汚れを浮き上がらせた後に、高圧洗浄で洗い流す方法です。
相場は¥250~500/㎡ぐらいが目安です。

専門業者に頼むと自分で洗浄するよりも料金がかかりますが、
その分、安全で徹底的に洗浄をしてくれます。
セルフと専門業者を上手に使い分けて、きれいな外壁を保ちましょう。

汚れが蓄積すればするほど、落としにくくなるので
定期的に掃除をすることをお勧めします。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

★その他の豆知識★

今回は、雨漏りや塗装とは少し違ったお役立ち情報をご紹介します。


◆土地の面積の数え方:『㎡』『坪』『畳』◆
・縦1m×横1m=1㎡ (平方メートル)
※1㎡は1平米(ヘイベイ)とも言われます。
・基本は『1坪=3.3㎡=2畳』です。
・坪数=㎡数×0.3025で求められます。

◆延床・建坪の違いとは?◆
『延床面積』=各階数の面積の合計
『建坪面積』=1階の床面積です。

家を売買する時、借りる時、リフォームする時などなど…
これから先、もしかしたら使うかもしれない豆知識でした。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

★外壁編:外壁塗装とは?★

建物にとって重要な防水対策の一つである外壁塗装。
外壁塗装は見た目がキレイになるだけではなく、大切な役割があるのはご存知でしょうか。
知っているようで知らない「外壁塗装」についてご説明します。

◆外壁塗装の役割◆

【建物の美観を保つ】
塗装をする事で、新築同様に見せることが出来たり、
塗る色をガラリと変えればイメージチェンジにもなります。

【防水性・透湿性をアップ】
雨や湿気から建物を守り、
雨漏りや結露などの水害を減らすことができます。

【耐久性の強化】
建物を水や紫外線から守り、
腐食・老朽化を防ぐことができます。

【断熱・遮熱など機能の追加】
塗料には断熱塗料や遮熱塗料など様々な機能があります。
その他、汚れを付きにくくする機能や汚れを落ちやすくする機能もあります。

◆外壁塗装を避けたい日は?◆

積雪地域ではない限り、年間を通して塗装は可能ですが、
「雨の日」は塗料が流れたり、乾燥に時間がかかってしまうので
基本的には施工は行わない業者が多いです。

◆外壁塗装にとって重要なこと◆
重要なのは「乾燥(時間)」です。
塗料を表面に塗ると、時間が経つとともに乾燥し、
固まり『塗膜』になります。
塗膜となってはじめて塗料の性能が発揮されます。

乾燥が充分に出来ていないと塗料の耐久性が落ち、
塗膜が剥がれたり、縮み、割れ、付着不良が発生します。

乾燥時間は気温や湿度、気候条件によって変わってきますので、一概にはいえませんが、
「工期はたった〇日!」と日数を前面に押し出している業者があれば、
せっかくの塗装がムダ金になってしまう可能性もあるので、警戒が必要です。

◆シーリング(コーキング)とは?◆

外壁材と外壁材の隙間にある繋ぎ目のゴムの部分の事です。
シーリングという言葉は“蓋をする”という意味があるそうです。
よく似た名前のコーキングですが、同じ意味で使われています。

【シーリングが使用されている場所】
お風呂(壁、ドア、壁と浴槽の隙間)、洗面台、キッチンなど

【シーリングの役割】
⓵衝撃を吸収するクッションのような役割
浴槽と壁、外壁と窓サッシなど、
建材同士がぶつかり合うのを防止してくれます。
特に外壁に使われている素材は、気温や湿度によって膨張したり収縮したりします。
素材同士を直接くっつけてしまうと、この動きに対応することが出来ずに、
割れてしまったり、ゆがんだりして不具合が生じます。
それを防いでくれる緩衝材の役割をしてくれるのがシーリングです。

⓶外部からの水の侵入を阻止して建物を守ってくれる
外壁の素材同士、外壁と窓サッシの継ぎ目など、
様々な隙間にシーリング材を埋めることで、その場所の防水性能を高めます。
それによって、雨漏りや漏水を防止してくれます。

雨や風・直射日光の紫外線を浴びている外壁は、日に日に劣化していきます。
お肌に日焼け止めを塗るように、大切なお家にも外壁塗装をしてあげましょう。

外壁塗装ってどのぐらいの金額なんだろう…?と気になった方!
お見積は無料なので、金額を見てからでも悩むのは遅くありません!
ご連絡お待ちしております。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

★雨漏り編:お家からのSOS★


雨漏りの多くは、はじめ目に見えない所に雨水が溜まり、
許容範囲を超えてしまった時に、私たちの目に見えるところに出てきます。
つまり、目に見える雨漏り=かなり悪化した状態という事です。
天井から少ししか水が垂れていないから大丈夫と思って、放っておくと想像以上に大変なことになってしまいます。
今回はそんな雨漏りについてご説明します。

◆雨漏りの原因◆

・外壁のヒビ割れ、防水が切れた
・窓のサッシに隙間が出てきた
・屋根や瓦の壊れ、老朽化…などなど

◆雨漏りの症状◆

↓下記の症状だと雨漏りの可能性アリ↓
【天井、壁紙、床】
・天井、壁のクロス、床が剥がれ、膨らみ、シミが現れ、触ると湿っている
・ふすまや障子などが波打つ
・天井や壁のクロス材、押入れ内部に黒いカビが生えてきた
・ふとした時に壁が動く

【室内全体】
・部屋が湿気た様な臭いがする
・夜など、静かになると水滴が落ちる音が聞こえる
・シロアリが発生
・和室の柱の木目が濃くなってきた
・室内の結露が多くなる
【外壁、バルコニー、ベランダ】
・塗装が剥げたり、ヒビが入る
・バルコニーやベランダの天井や床にヒビが入る
・排水口がつまり、排水機能に不良がある
・勾配(傾き)不良で一か所に水が溜まる

◆雨漏りによく似た水漏れの症状◆
↓下記の症状だと水漏れの可能性アリ↓
・水道料金の請求額が高い
・水道を使っていないのにメーターが回っている
・キッチン台下側の収納部から変な臭いがしたり、湿気ている
・収納床が柔らかくなってきた

◆天井からの雨漏りの応急処置◆
※応急処置後は、業者に連絡してしっかりと直して下さいね。
①雑巾で床を拭く
②新聞紙、ビニールシートの順に敷き、洗面器やバケツで雨水を受ける
③受け皿の中に新聞やキッチンペーパーを入れる(水滴が飛び散るのを防ぐため)

◆雨漏りを放っておくと…『雨漏り二次被害』◆

①腐食:住宅に流れ込んだ雨水が、建物の根幹となる木材を
どんどん腐食させます。
➁耐久性の低下:腐食が進み、主要構造部が傷めば建物の
耐久性も価値も低下します。
➂シロアリ発生:シロアリは腐った木材や下地材などが大好物。
柱が食べられてスカスカになり、損傷が激しければ
建物が倒壊する危険性も出てきます。
④カビ:湿気が原因でカビが発生します。
⑤シックハウス症候群:カビが原因で咳・めまい・頭痛・吐き気などを引き起こします。
⑥漏電:雨水でブレーカーやコード、電化製品が濡れて、漏電を引き起こすことがあります。
⑦火災・感電:漏電が原因で火災が起こったり、感電することがあります。

雨漏りが発生した、雨漏りの可能性があるかも?
と思ったアナタ!相談・見積りは無料なので、
お気軽に関西ホームライフにご連絡くださいね!

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

外壁汚れの落とし方

~セルフ編~

外壁の色によって、汚れの目立ち方が変わりますが、
外から見える分、意外と人目に付きます。
ただの汚れだけだと良いのですが、外壁に影響を及ぼすものもあるので注意が必要です。
今回は自分たちだけでできる汚れの落とし方をご説明します。

◆簡単な汚れには…?
簡単な汚れは柔らかめのスポンジでこすり落としましょう。
柔らかめのスポンジに水を含ませて優しく外壁をこすると、簡単な汚れは落とすことができます。

◆少し頑固な汚れには…?
換気扇の油汚れなど、水だけでは落とせない頑固な汚れには中性洗剤(食器用洗剤など)を使うのが◎
外壁専門の中性洗剤も販売されているので、それを使うのも良いと思います。
洗剤をお湯に溶かして汚れに吹き付け、スポンジで軽くこすりながら汚れを落としてみてください。
※注意※
スポンジでこする場合は、外壁を傷つけないように優しくこすってください。

◆高圧洗浄機
今では、家庭用の高圧洗浄機も色々と種類が出てきています。
水圧やホースの長さ、付属品の数の違いで価格が変わってきますが、
安いものでは、だいたい1万円前後からあります。
高圧洗浄機は、一台あれば外壁だけでなく
自動車・自転車・網戸・お風呂など、色々な所に使えるので、とても便利です。

高圧洗浄機の中身は水なので、色んな外壁に対応可能です。
強い水の力で汚れを弾き飛ばすため、汚れの種類に関わらず
ある程度の汚れは、きれいに落とすことができます。
※注意※
高圧ゆえに外壁の塗装や外壁材のつなぎ目にあるシーリング材を削ってしまったり、
通気口に水が入り建物内に湿気がこもって構造材などを痛めてしまう可能性があります。
そうなると補修工事のお金の方が高くなるのでご注意ください。
水圧調整ができるものは、弱めで試してから、あくまで自己責任で使用してください。
また、作業する時は水が跳ね返るので、レインスーツにゴーグルなど対策をした服装で臨んでください。

汚れが蓄積すればするほど、落としにくくなるので
定期的に掃除をすることをお勧めします。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

外壁状態をチェックする為のポイントは?

外壁が劣化していくには、経年劣化によるものだったり、周りの状況によって発生するものだったりと色々あります。
チェックする時に役立つ情報をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

◆天気の良い日にチェック
外壁の状態をチェックする時は、晴れている日にしましょう。
中には、太陽が当たらずに暗い場所もありますので、
できるだけ周りが明るい状態で行うと、きちんと外壁状態をチェックすることができます。

◆クラックは窓やフードまわり等を特にチェック

◆カビやコケは塀や木の影の部分を特にチェック
 (特に北側や風通しの少ない場所に多いです)

これを注意しながら、2~3か月に1回は建物を散歩がてらグルッと回ってチェックしてみてください。
クラック(ひび割れ)やひどい汚れを発見した際は、すぐに対応して頂くと、
ご自宅への影響も最小限にとどめられ、費用面でも少なく済むことが多いです。
ぜひ、関西ホームライフにもご連絡くださいね。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

クラックにはいくつか種類がある?!②

~外壁材のひび割れ編~

今回は、『外壁材のひび割れ』によって起きる
「乾燥クラック」「構造クラック」「縁切れクラック」をご説明します。
どれも外壁材自体にダメージがあるひび割れで、このようなクラックを放置してしまうと
雨漏りの原因になったり、外壁がごっそりと剥がれ落ちてしまう可能性があります。
発生原因、特徴はそれぞれ異なり、放置すると拡大するひび割れと、拡大しないひび割れがあります。

◆乾燥クラック◆
モルタル(また今度ご紹介しますが、壁の種類です)などの外壁材は、乾燥する過程で水分の蒸発による収縮が生じます。
このクラックは、その乾燥過程でできたものであり、
建物に異常が発生しているわけではないので、そこまで心配することはありません。
ですが、ヘアークラックと同じで長期間放っておくと
隙間からダメージを受ける可能性があるため、油断は禁物です。

◆縁切れクラック◆
こちらもモルタルなどの外壁材に多いのですが、
外壁材を使用する時は、一度に一面を仕上げるのが基本です。
その時に何らかの理由があり、途中で作業を中止したり、部分的にやり直したりすると
先に塗った部分と新しく塗った部分に時間差が生じます。
その新旧の境目が劣化してひび割れる事を縁切れクラックと呼びます。

◆構造クラック◆
このクラックは危険度が一番高いものになります。
地震の揺れや地盤沈下、天候の影響で凍結を繰り返したり、建物の構造に根本的な欠陥があるなど、外壁自体が歪んでしまうことが原因で起こるクラックです。
構造クラックは建物にとっては完全なトラブルで、そのまま放置するとひび割れの幅が広がり、深くなっていくだけでなく、
クラックに雨水が入り込んで腐食や雨漏りを起こしたり、
外壁がごっそりと剥がれてしまうようになるので、早急な修繕が必要です。

※ご紹介したクラックについては、あくまで基本的な分類なので、
自己判断で大丈夫と決めつけず、きちんと専門家に相談することをお勧めします。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-