建物にとって重要な防水対策の一つである外壁塗装。
外壁塗装は見た目がキレイになるだけではなく、大切な役割があるのはご存知でしょうか。
知っているようで知らない「外壁塗装」についてご説明します。

◆外壁塗装の役割◆

【建物の美観を保つ】
塗装をする事で、新築同様に見せることが出来たり、
塗る色をガラリと変えればイメージチェンジにもなります。

【防水性・透湿性をアップ】
雨や湿気から建物を守り、
雨漏りや結露などの水害を減らすことができます。

【耐久性の強化】
建物を水や紫外線から守り、
腐食・老朽化を防ぐことができます。

【断熱・遮熱など機能の追加】
塗料には断熱塗料や遮熱塗料など様々な機能があります。
その他、汚れを付きにくくする機能や汚れを落ちやすくする機能もあります。

◆外壁塗装を避けたい日は?◆

積雪地域ではない限り、年間を通して塗装は可能ですが、
「雨の日」は塗料が流れたり、乾燥に時間がかかってしまうので
基本的には施工は行わない業者が多いです。

◆外壁塗装にとって重要なこと◆
重要なのは「乾燥(時間)」です。
塗料を表面に塗ると、時間が経つとともに乾燥し、
固まり『塗膜』になります。
塗膜となってはじめて塗料の性能が発揮されます。

乾燥が充分に出来ていないと塗料の耐久性が落ち、
塗膜が剥がれたり、縮み、割れ、付着不良が発生します。

乾燥時間は気温や湿度、気候条件によって変わってきますので、一概にはいえませんが、
「工期はたった〇日!」と日数を前面に押し出している業者があれば、
せっかくの塗装がムダ金になってしまう可能性もあるので、警戒が必要です。

◆シーリング(コーキング)とは?◆

外壁材と外壁材の隙間にある繋ぎ目のゴムの部分の事です。
シーリングという言葉は“蓋をする”という意味があるそうです。
よく似た名前のコーキングですが、同じ意味で使われています。

【シーリングが使用されている場所】
お風呂(壁、ドア、壁と浴槽の隙間)、洗面台、キッチンなど

【シーリングの役割】
⓵衝撃を吸収するクッションのような役割
浴槽と壁、外壁と窓サッシなど、
建材同士がぶつかり合うのを防止してくれます。
特に外壁に使われている素材は、気温や湿度によって膨張したり収縮したりします。
素材同士を直接くっつけてしまうと、この動きに対応することが出来ずに、
割れてしまったり、ゆがんだりして不具合が生じます。
それを防いでくれる緩衝材の役割をしてくれるのがシーリングです。

⓶外部からの水の侵入を阻止して建物を守ってくれる
外壁の素材同士、外壁と窓サッシの継ぎ目など、
様々な隙間にシーリング材を埋めることで、その場所の防水性能を高めます。
それによって、雨漏りや漏水を防止してくれます。

雨や風・直射日光の紫外線を浴びている外壁は、日に日に劣化していきます。
お肌に日焼け止めを塗るように、大切なお家にも外壁塗装をしてあげましょう。

外壁塗装ってどのぐらいの金額なんだろう…?と気になった方!
お見積は無料なので、金額を見てからでも悩むのは遅くありません!
ご連絡お待ちしております。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-