~外壁材のひび割れ編~

今回は、『外壁材のひび割れ』によって起きる
「乾燥クラック」「構造クラック」「縁切れクラック」をご説明します。
どれも外壁材自体にダメージがあるひび割れで、このようなクラックを放置してしまうと
雨漏りの原因になったり、外壁がごっそりと剥がれ落ちてしまう可能性があります。
発生原因、特徴はそれぞれ異なり、放置すると拡大するひび割れと、拡大しないひび割れがあります。

◆乾燥クラック◆
モルタル(また今度ご紹介しますが、壁の種類です)などの外壁材は、乾燥する過程で水分の蒸発による収縮が生じます。
このクラックは、その乾燥過程でできたものであり、
建物に異常が発生しているわけではないので、そこまで心配することはありません。
ですが、ヘアークラックと同じで長期間放っておくと
隙間からダメージを受ける可能性があるため、油断は禁物です。

◆縁切れクラック◆
こちらもモルタルなどの外壁材に多いのですが、
外壁材を使用する時は、一度に一面を仕上げるのが基本です。
その時に何らかの理由があり、途中で作業を中止したり、部分的にやり直したりすると
先に塗った部分と新しく塗った部分に時間差が生じます。
その新旧の境目が劣化してひび割れる事を縁切れクラックと呼びます。

◆構造クラック◆
このクラックは危険度が一番高いものになります。
地震の揺れや地盤沈下、天候の影響で凍結を繰り返したり、建物の構造に根本的な欠陥があるなど、外壁自体が歪んでしまうことが原因で起こるクラックです。
構造クラックは建物にとっては完全なトラブルで、そのまま放置するとひび割れの幅が広がり、深くなっていくだけでなく、
クラックに雨水が入り込んで腐食や雨漏りを起こしたり、
外壁がごっそりと剥がれてしまうようになるので、早急な修繕が必要です。

※ご紹介したクラックについては、あくまで基本的な分類なので、
自己判断で大丈夫と決めつけず、きちんと専門家に相談することをお勧めします。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-