どこの家にも起こる経年劣化以外にも、
家の立地条件や環境によって、引き起こされる劣化があります。
今回は、そんな劣化の症状と対処法をご紹介します。

◎外壁塗装の膨れやはがれ
塗膜がプクッと膨れたり、剥がれたりしている場合は、外的刺激から外壁を守ることができない状態です。
どんどん範囲が広がっていき、簡単に雨水が内部に入ってきて、近いうちに雨漏りが始まる可能性が高いです。
経年劣化が原因の場合もありますが、内部の水分が急激な温度上昇で水蒸気に変わり、
塗膜を内側から押し上げた事や元々塗料が付きにくい壁だったり、
施工不良だったりと色々な原因が考えられます。
中には、原因不明のものもあります。
対処法:早急に専門業者をよび、不具合部分を綺麗にはがし塗装しなおすことです。

◎カビやコケの繁殖
経年劣化もありますが、陽の当たらない家の陰や北側で多く見られます。
湿気や結露が多い場所でも発生しやすいです。
長期間付着していると、表面の水をはじく性能が発揮できなくなり、
どんどんカビやコケが繁殖します。
◆高圧洗浄で綺麗にし、塗装しなおしましょう。
高圧洗浄で落としきれない場合は、バイオ洗浄と言われる洗浄方法で綺麗にしましょう。

◎ススのような黒い汚れやホコリ
水まわりや排気筒、車の排気ガスが当たる場所は、
ススのような黒い汚れが外壁に付着されやすいといわれています。
ある程度のスス汚れやホコリは、雨が当たると落ちる場合が多いですが、
雨が当たりにくい場所では自然に落ちません。
◆高圧洗浄で綺麗にし、塗装しなおしましょう。

◎雨水による水あか
雨水がよく伝う部分に集中してあらわれる場合もあります。
外壁の汚れが雨水に溶け込みながら外壁を伝っていく場合は、
水あかだけでなく汚れも付着する場合があります。
◆高圧洗浄で綺麗にし、塗装しなおしましょう。

◎油汚れ
換気扇の吹き出し口から出る油が原因です。
油汚れはとてもがんこなので、定期的に清掃することをお勧めします。

普通に生活していくうえで、外壁の汚れは避けては通れない問題です。
付着期間が長ければ長いほど、落としにくくなるので、
早めの掃除がキレイに家を保つ秘訣と言えますね。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-