ふと外壁を触ったときに、手に白い粉のようなものが付いたことはありませんか?
なんだろうと思っていても、特に気にしない人が多いかとは思いますが、
実はそれ、外壁からの「劣化してるよ」という合図なんです。。
この現象を『チョーキング現象』と呼びます。

チョーキング現象とは、外壁が様々な影響を受け、表面にある塗膜が劣化し、
塗料の中に含まれている顔料が粉状になっている状態のことです。

塗膜がきちんと機能していないので、防水性が悪くなったり、壁の保護機能がなくなっている証拠です。
チョーキング現象が現れたら、塗装を検討する良い時期だと言えます。

壁を触ってみてうっすらと白くなる程度であれば、そこまで急ぐ必要はありませんが、
手が真っ白になる場合は早めの塗装をお勧めします。

このまま放置しておくと、塗膜だけではなく
外壁も劣化してしまい、雨漏りなどの原因にもなり得るので注意が必要です。

自分で状態がわからなければ、触ったら粉が付くんだけどどうなの?と、
無料見積もりで専門家に相談をしてから、検討しても良いと思います。

その検討先として、関西ホームライフにもお見積をお願いして頂けたら嬉しいです。
お待ちしております(^^)

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-