以前、雨漏りと勘違いしやすい「水漏れ」をご説明しましたが、
今回は『結露』をご説明します。
『結露』も雨漏りと同じようにシミが出来る場があるので、
勘違いされやすい現象の一つです。

『結露』とは、屋内と屋外の温度差が原因で起こります。
暖かい空気には多くの水蒸気が含まれていて、
その水蒸気が、冷たい窓や壁の表面に触れることによって水滴となり表面に付着します。
寒い日に暖房を入れた部屋の窓に付く水滴、あれが結露です。

結露自体はよく起こることですし、少量ではあまり問題はありません。
ですが、最近は優れた断熱材が壁面に使われるようになり、
家の気密性も高まるようになってきた分、結露の量が増えていると言われています。

結露が天井裏で発生すると天井にシミができたり、水滴が落ちてきたりします。
このように発生する場所によっては、雨漏りと間違えられそうですね。

結露は黒カビが浮き出てて、壁紙や天井が黒ずんで見える場合が多いそうです。
あくまでも傾向なので、一概にそうとは言えませんが。

冬の間だけなら結露の可能性が高く、
1年中(特に雨が多い梅雨の時期など)続くようなら雨漏りの可能性が高くなります。
ですが、家の環境によっても違うので、専門家に見てもらうのが一番ですね。

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-