外壁材は種類によって、メリット・デメリット・劣化の仕方が異なります。
ご自宅の外壁材がどの素材なのかを知っておくのも雨漏り対策には必要なので、
ぜひ参考にしていただければと思います。
※あくまでも代表的な例です。
 メーカーによってメリット・デメリットが異なりますのでご注意ください。

サイディング
サイディングは板状の外装材を貼り付けた外壁で、近年で主流になっているものです。
サイディング外壁は、目地を埋めるシーリング(板と板の間のゴムの部分)があります。
このシーリングの部分は年月によって劣化しやすいため、サイディングを塗装する際は、
シーリングも一緒に交換すると良いでしょう。
このサイディングの素材には、セメントやアルミ、スチールなどがあり、
同じサイディングでもタイプが異なります。

◆窯業(ようぎょう)系サイディング◆
セメントと繊維質や無機物を混ぜて板状に成形し、養生・硬化させた外壁材です。
現在では7~8割の住宅が、この窯業系サイディングを使用していると言われています。

メリット
・デザインが豊富
 レンガ調、石積み調、ボーダー調など柄も色も様々な商品があり3000種類以上と言われています。
・地震に強い
 サイディング自体の重量が軽い為、地震の時に建物への負担を軽減。
 金具工法だと地震の時に力が外壁に伝わりにくく、ひび割れや脱落を防止します。
 目地を埋めるシーリングが外壁の揺れを緩和するクッションの役目をもっています。
・防耐火性に優れている
 防火外壁材ともいわれ、きちんと試験が行われています。
・安価
 工場で大量生産されているものが多く、安価で済ませることができます。
・その他、耐風性・断熱性・防音性などに優れていて、コストパフォーマンスは優秀。

デメリット
・定期的なメンテナンスが必要
 ボードに塗装が施してあり、経年劣化により防水機能が切れてしまうので、定期的な塗装が必要。
 シーリング材の打ち替えも必要。

劣化現象
チョーキング、シーリングのひび割れ、ボードの反り、色あせ、藻、カビ

雨漏り修理のお役立ち情報【こちら】へ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大阪市・大阪府内の防水工事は関西ホームライフにお任せ下さい!
〒532-0006
大阪市西三国1丁目21-43 サンマンション1階
TEL 0120-861-851
FAX 06-6392-6791

お問い合わせは【こちら】へ。

施工料金については【こちら】へ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-