代表ご挨拶

代表 佐藤 栄司

あなたの悩みを解決するため、とことんお話をお聞きします!
何でもお気軽にお問い合わせください。日本一の外壁塗装を目指します!

ブログ始めてみました。
■塗装徒然草■
まだ始めたばかりですが・・・。

職人紹介

大工出身の山田です。
職人気質で、仕事にかけるプライドは誰にも負けません!

厳しい品質管理を徹底します。全力でやるから、嘘や手抜きは絶対しません!

お問い合わせはお気軽に!

外壁塗装や屋根塗装、防水工事、雨漏り修理、お住まいのリフォームなど、何でもお気軽にご相談ください!

株式会社
関西ホームライフ

0120-861-851

リフォーム料金のお支払いのためのクレジットカードの取り扱いが始まりました!
取り扱いクレジットカードVISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS

施工エリア:
大阪市内・大阪府下

大阪市淀川区
西三国1丁目21-43
サンマンション1階

大きな地図で見る

URL www.kansaihomelife.com
mail info@kansaihomelife.com

TEL 06-6392-6789
FAX 06-6392-6791

関西ホームライフの防水工事

関西ホームライフの防水工事が選ばれる理由

『お金をかけずに時間をかける!』
『+αの「かゆいところに手が届くサービス」』がモットーです!

◆迅速、丁寧な対応

まずは、お客様のお話を「しっかりと」お聞きします。
その上で、お客様の建物に合った方法をご提案いたします。
もちろん、満足のプランができるまで打ち合わせさせていただきます。

◆安心

事前に無料見積もりを作成し、お渡しします。
よく考えて頂き、納得して頂いた上で工事を行いますので、とても安心です。
見積り以上の追加金を発生させないように、徹底的な下見・調査を心がけています。

◆低価格

建物の状態に合わせた最適な施工方法ですので、無駄な工事がありません。

◆経験豊富

弊社は大阪地域密着で20年以上地域の皆様のお住まいの補修・修理を行ってきました。
ご近所さんに紹介したくなる会社を目指します。

◆責任施工

一人一人の職人が現場に全責任を持ちます。
朝・晩現場にお伺いし、万が一のクレーム処理もその場で対応致します。

料金

防水工事の種類 1か所当たり
サラセーヌ防水 ¥65,000 ~ ¥90,000

ベランダや屋上など、雨や生活用水にさらされている場所は劣化が激しいです。建物は劣化とともに亀裂やヒビが入り、内部に水が侵入してしまう可能性が高まります。
建物内部に水が侵入すると雨漏りしやすくなる、鉄骨や鉄筋のサビや腐食の原因になる、建物自体が傾く・崩れやすくなる、外壁のコンクリートの耐久性も下がるなど、様々な悪影響が・・・。
気づいたときには建物が深刻な状態になっている恐れもあります。防水工事はそれらを防ぐためにとても大切な工事です。

当社ではお客様のご自宅・建物の状況に合わせて、プロが診断を行ない最適な防水工事をご提案します。分かりやすいご説明を行ないますので、お気軽にご相談ください。

お客様の声

≪港区H様≫

丁寧な仕事をして頂き、ありがとうございます。
防水をお願いするのは初めてで、全くと言っていいほど知識がなかったのですが、
私の目線に立って説明して頂けたので、最初から最後まで安心してお任せすることが出来ました。
聞きたいことも色々ありましたが、一つ一つきちんと答えて下さったので、大変満足です。本当にありがとうございました。

≪淀川区Y様≫

お世話になりました。
見積りが無料だったので、何となくお願いしたのですが、マイホームにとって、防水工事がどれだけ大切かを考える良い機会になりました。
この先もずっと住み続けたい!という思いで、関西ホームライフさんに防水工事をお願いすることに決めました。
急かされることもなく、自分たちのペースで考えることができた事も良かったです。この先もずっとお付き合いしていきたいと思っております。

≪吹田市K様≫

ベランダの防水工事をお願いしました。
インターネットでいろいろと探し、何社かで見積もりをお願いしたのですが、一番安かったです。
第一印象が良かったのも決め手の一つです。完成後のベランダは、以前とは比べ物にならないくらい綺麗で満足です。洗濯物を干すのも嬉しくなりました。

工事実績

  • 防水工事の工事実績=3000件
  • 1年間の工事件数=240件
  • 顧客満足度=95%

  • 雨漏りしている
  • 外壁のひび割れや剥がれが気になる
  • 10年以上点検していないので不安
  • いつの間にか天井にシミが出来ている
  • 外壁のタイルに触れると粉塵が付着する

など色々な悩みがありますが、お客様にあった解決方法でお悩みを解消致します!

施工事例
施工:屋上1

≪Before→After 1≫
    
≪Before→After 2≫
    
≪Before→After 3≫
    

【施工事例】
屋上の方から雨漏りがしていました。
シート防水絶縁工法で加工したら、雨漏りは止まりました。

施工:屋上2
≪Before→After 1≫
    
≪Before→After 2≫
    
≪Before→After 3≫
    
≪Before→After 4≫
    

【施工事例】
陸屋根の隅に雨水がたまるので、勾配をつけて直しました。
これを機会にシート防水しました。

【防水工事のQ&A】

何となく聞いたことがある『防水工事』という言葉
雨漏りした時にする工事でしょ?と思っているアナタ!ちょっと待ってください!
それでは時すでに遅しという場合も!
建物は雨風だけでなく、紫外線でも劣化することはご存知ですか?
知らなかったという方のために、防水工事についてのお役立ち情報をご用意しました。

Q.防水工事とは?
A.皆様の大切なお住まいを『雨、雪、水、紫外線』から守り、長持ちさせる工事のことです。

Q.防水工事が必要な場所は?
A.外壁や屋根、屋上、ベランダやバルコニー、
マンションや会社など、外に面している廊下や階段などです。

Q.防水工事のタイミングは?
A.目安は10年~15年に1度の防水工事をお勧めしております。
特に異常が出ていない場合でも上記の時期を目安に点検しておくと大事に至らずに済みます。

Q.防水効果が低下するとどうなるの?
A.雨漏りが発生しやすくなり、雨漏りによって雨水が家の中まで侵入し、家の心臓部である梁や柱が傷んで腐ったり、サビやカビの原因にもなります。

Q.防水工事を行わないとどうなるの?
A.建物内部が傷んだ状態でそのままにしておくと、防水加工だけでなく、大規模修繕になってしまう可能性があります。

Q.お客様から一番多い相談は?
A.やはり、一番多い相談は「雨漏り」です。この場合は、一日でも早い対応が必要です。

Q.その他のメンテナンスした方が良い目安は?
A.『排水口が詰まって水の流れが悪い』『ベランダに水たまりができて水はけが悪い』『壁がひび割れている』など、建物によって色々と劣化に伴う症状がありますので、まずは専門家にご相談されることをお勧めします。

Q.良い防水工事業者の選び方は?
A.『きちんと現地調査をした上で見積りを取る業者』
⇒正確な見積りには現地調査が欠かせません。
電話だけの簡単な見積りしかしない業者は、始めは安くても施工中に追加費用をどんどん足されて、結局高額になってしまうケースもありますので、注意が必要です。
A.『施工内容を説明してくれる業者』
⇒しっかりと施工内容を理解している業者であれば、詳しく説明し、疑問点にもしっかりと答えてくれるはずです。
一般の方が理解しにくい見積書ですが、一緒に見ながら説明してくれるのが優良な業者です。
A.『地域密着型』
⇒雨漏りの場合は特に、小回りがききやすく対応が早いのがポイントです。

以上、知っておくと為になるQ&Aでした。

関西ホームライフでは無料で現地調査を行い、
お客様の悩みやお話をしっかりとお聞きした上で、
本当に必要な工事を見極め、説明とともに見積書をお渡ししています。
「工事は具体的にはまだ考えていないけど、とりあえず見積りだけ。。。」というお客様でも大歓迎です。
お家のことなら何でもご相談下さい。

【外壁や屋根のセルフチェック】

防水工事の目安は、約10年~15年と言われていますが、
家々の状況によって異なります。
目で見て確かめられるような簡単なチェック項目をご用意しましたので、
ご自宅が今どのような状態なのかをチェックしてみてください。

外壁のチェック
ひび割れ 一目でわかるひび割れですが、
大きいものから小さいものまで色々あります。
大きさによっては、建物内部に雨が浸透してしまう事もあるので、
注意が必要です。
チョーキング 外壁を触った時に、手に塗料の粉がついてくる現象です。
塗料が粉化して表面に出てきたために起こります。
水をはじかずに、防水性能がなくなった証でもあります。
壁を触るだけなので、塗り替え時期の良い目安と言われています。
はがれ 前回の塗装時に密着不良があった場合によく見られます。
気温や湿度、塗料が付きにくい場所の可能性などもあるので、
原因は様々です。
苔(コケ)・藻(モ) 陽が当たらない家の陰や北面によく見られます。
塗料本来の防水性能が低下している場所に
発生しやすいのが特徴です。
屋根のチェック
鉄部のサビ サビが進行してしまうと、ボロボロに腐ってしまうので、
取り換え工事が必要になってしまいます。
苔(コケ)・カビ 外壁と同様、陽が当たらない箇所や北側の屋根によく見られます。
防水性能が低下し、水切れが悪くなっているので、
コケやカビが生えてきている場合があります。
ひどくなると屋根の下地材に水が浸入する可能性があります。
変色・色褪せ 明かな変色・色褪せにも注意が必要です。
屋根の表面の塗装が剥がれたりと劣化している合図です。
割れ 劣化によってヒビが入り、そこから割れてきます。
雨風にさらされているうちに落下し、
割れた欠片が地面に落ちていることがあります。

いかがでしたか?
早速、診断結果をどうぞ!

■診断結果■

該当なし

⇒あなたのご自宅は至って健康!
これからも、時々チェックをして良い状態を保ってくださいね。

1つ該当

⇒そろそろ塗装を考えても良い時期です。
見積りを取って検討を始めるのがベスト。

2~3つ該当

⇒早めに塗装を考えるのが良さそうです。
これ以上、劣化が進む前に対応してくださいね。

4つ以上該当

⇒要注意!!のんびりしていると工事が大きくなり、
余分な費用がかかってしまう可能性大なので、早急に検討するのが良さそうです。

【外壁塗装の流れ】

塗装工事は、周りが汚れないようにシートの中で行われます。
そのため普段、直接はあまり見ることがない外壁塗装。
今回はそんな『外壁塗装』の基本的な流れと目安の日数をご紹介いたします。
※気温や天候、塗料の種類によって日数は変わりますので、あくまでも参考程度にお考え下さい。

まずは、工事の為の準備を始めます。

1.足場工事(1日):安全で丁寧な仕事をするために、作業用の足場が必要です。
そのあと近隣に塗料などが飛び散らないように、シートをかけます。

次に下処理です。

2.高圧洗浄作業(1日):外壁の汚れやホコリなどを高圧洗浄でしっかりと洗い流します。
高圧洗浄で洗いきれない強力なカビやコケなどは専用の薬品を使って除去します。
3.下処理(1~2日):壁のヒビ割れや欠損、亀裂などをしっかりと処理します。
この処理をきちんと行わないと水の侵入経路になったり、数年後に同じ場所から傷んできます。
4.乾燥・養生シート貼り(1日):水洗い後、充分乾燥させます。
その間に玄関や窓、車などを養生シートで保護します。
塗料が飛び散った時に汚れないための大切な作業です。

準備完了!いよいよ塗装に取り掛かります!

5.外壁塗装(約1週間)
◆下塗り:下地と塗料の接着剤の役目をするシーラーを塗ります。
◆中塗り:塗膜厚を一定量確保し塗膜を長持ちさせるために欠かせない工程です。
◆上塗り:仕上げとして塗りムラをなくし、厚みを付けて、より性能を高めます。
この3回塗りは、完全に乾ききってから次の作業を行うことがポイントです。
塗料が完全に乾ききる前に重ね塗りをすると耐久性や強度が半減してしまいます。

塗装完了!あとは最後の仕上げです。

6.最終チェック:塗り残しや塗りムラのチェックをし、補修塗りをします。
7.足場解体・撤去、シート取り外し、清掃(1日):後片付けをします。

これで全ての作業が終わり、完成です!
綺麗になったおうちで、素敵な日々をお過ごしください☆